【パークシティ】新雪の最終日、キャニオン〜パークシティへ

こんにちは!
パークシティより、春山です。
今日はツアー最終日。
グループプランの皆様は毎日ガイド付きのため、最終日の滑走をご案内してきました!
P2024725

今日は少し雲の多い日。
パークシティのキャニオンビレッジ側からスタートしてみました。
循環バスの降り場からはこんな珍しい立ち乗りリフトに乗車してベースまで。
P2024728

P2024729

中級斜面を気持ちよく滑りつつ。
P2024730

昼前には大粒の雪に変わり、本格的に降り始めました。フカフカの新雪を楽しみながら。
P2024732

P2024734

ランチ後は気持ち良いホームランコースにて下山しました。
P2024735

P2024736

さらに滑る組は、最後オールドタウンまでスキーダウンし、そのままバーにてウィスキーを飲みアプレスキーを楽しんで帰ってきました。
P2024740

P2024743

P2024741

長いようであっという間の1週間。
ご一緒できて楽しかったです。ありがとうございました!明日はいよいよ帰国日。
無事に帰国しましょうね。

春山 泉

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【パークシティ】スノーバード&アルタへのスキー遠征

今日は2ツアー揃って専用車にてパークシティから約1時間、スノーバード&アルタに行って来ました!!

まずはスノーバードスキー場からスタート!
トラム(ロープウェイ)にて標高約3300mまで一気にあがり、ソルトレイクの街まで見渡す大パノラマに感動〜!
P2014643

ここからは班ごとに。
春山班はスノーバードの上部、幅広い急斜面にも挑戦してみました!
調子よくベースまで滑り降り、再び山頂へ。
P2014646

P2014647

P2014652

P2014655

裏側を見るとこんな景観が。
P2014657

P2014658

そこからミネラルベイスンへ飛び込んでみました!廊下を渡るとこんな広大なボウル状の斜面が。こういう景色と自由度が人気のエリアです。
P2014662

P2014663

P2014666

少しスリルがありますが、皆さん華麗に滑り降り、達成感のスマイル★
P2014669

P2014670

雪質も良くパウダースノーも味わえました!
P2014703

P2014702

もう一本!との声で2本連続で行きました。
1日中ここだけでも遊べる、やみつきになるエリアです。
P2014687

P2014690

P2014692

P2014693

P2014709

山頂レストランでパノラマランチ後は、アルタのエリアへ移動。
スノーバードのミネラルベイスンまで抜けるトンネルを通りました、鉱山発掘の歴史を感じさせる展示物が楽しませてくれます。
P2014710

アルタスキー場では、幅広いコースを気持ちよく滑り、
P2014711

最後は有志3名様と3230mスプリーム山頂より”ロックン・ロール”で軽快にノンストップでスキーダウンしてきました。
P2014715

楽しかった1日に感謝!
P2014718

一方、びゅんびゅん飛ばし滑りまくり、杉村班の様子です!

朝一のスノーバードでは、きれいに整地された上級コースにチャレンジ。
コース幅もアメリカサイズで広いし、平日のせいか誰もいない貸し切りコース状態で快調に飛ばせました。
P1070455

標高3353mの頂上にあるSummitレストランでランチ。窓ガラスが大きくて明るく、景色も最高です。
P1070459

午後からは鉱山跡のトンネルを抜けながら、昔の写真や鉱山で使っていた道具の展示を見学。
この地の歴史や時代の変遷を感じながらゲレンデへ。
P1070462

ゲートを通って、お隣アルタスキー場でも整地コースを中心に滑りまわりました。
2つのスキー場を一日ではとても回り切れませんが、アメリカのスキー場の大きさ、広大なオフピステ、ダイナミックでなんでもアリなコースレイアウトには圧倒されます。
P1070470

P1070473

皆さま無事に下山して、明日はフリー滑走日です。
広いゲレンデで一日たっぷり楽しんで来てください。

杉村

*おまけ*
今日はオールドタウンで野外ライブやっていました。アメリカのノリノリをちょっと体験!笑
P2024724

P2024723

P2024722

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【パークシティ】アメリカ最大規模パークシティ&キャニオン、とソルトレイクシティ周辺観光!

皆さんこんにちは!
本日は滑走3日目、杉村班はパークシティエリアにて快調に滑走してきたようです。
引き続き快晴のパークシティ&キャニオンズ。
P1070447

今日はキャニオンズから上がり、パークシティから下山しました。
先シーズン、2つのスキー場がゴンドラでつながり、アメリカ最大のスキー場になったということで。さすがに滑っても滑っても次々に魅力的なコースが現れます。
とても一度のツアーで滑りきることができない広さですが、広範囲に移動しながら滑りまわり、なんとか全体像がつかめたかな、という感じです!!
午前中の整地コース、貸し切り状態での滑走、最高でした!

皆さんの滑りをどうぞ。
P1070423

P1070429

P1070430

P1070433

P1070437

P1070443

P1070445

春山班は、今日は中日でスキーお休み。
車で観光ツアーを組んでみました!パークシティ出るときは青空だったのですが…ソルトレイクシティ周辺は、ガスがかかってしまいました。先週はシティでも−20度と、かなり冷えていたのですが、今週は一気に気温が上がったため、湖周辺を中心に霧が発生してたようです。
P1314609

それでもせっかくなので、グレートソルトレイク(塩水湖)を観に行ってみました!
ソルトレイクシティから15号線を北へ車を走らせ、途中から西へ。
琵琶湖の7倍もの面積をもつこの巨大な塩水湖には7つの島がありますが、1番近い「アンテロープ島」へ行ってみました。
P1314611

まっすぐに伸びる道を渡って到着。
ビジターセンターに寄ると貴重な資料がたくさんありました。
P1314620

標高1280mに位置し、海水より濃度が高く、泳げない人でも体が浮くほど。「アメリカの死海」と呼ばれ魚も生息できませんが、エビの仲間のこの生き物のみ生活しているそうです。
実際に見れたのですが、写真を撮り忘れました。可愛かったですよ。
P1314614

P1314615

島全体が自然公園になっていて、バッファロー(アメリカバイソン)や、多くの種類の野鳥まで、たくさん動物を見ることができます。今日は霧が出ていて少しだけでしたが、夏のハイシーズンも素晴らしそうです。
P1314612

P1314618

塩の濃度が高いので、こんなに寒くても湖は凍らず水を触ることもできました。
P1314623

P1314625

P1314627

P1314628

P1314631

P1314633

P1314635

その後はソルトレイクシティへ移動。
ソルトレイクシティといえば、モルモン教の総本山ということで有名。テンプルスクエアへ行きました!

創始者のジョセフスミス記念ビル、街のシンボルとも言える美しいソルトレイクテンプル、大聖堂、教会史博物館などまわり見学。
P1314637

P1314639

P1314641

その後、ダウンタウン、ユタ大学、スタジアム、2002年ソルトレイクオリンピックパークのジャンプ台やボブスレー会場など車窓見学しながら帰ってきました。

明日はスノーバードとアルタへスキー遠征します!!!お楽しみに。

春山 泉

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【パークシティ】ディアバレーを広範囲に滑る!

こんにちは。
本日も快晴のパークシティよりお届けします!
今日はパークシティの隣、ディアバレースキーエリアへ行ってきました。
昨日に引き続き、青空が広がり穏やかな1日となりました。気温もぽかぽかと春のような陽気。
P1304561

今日の春山班。
ベースのスノーパークロッジからリフトにてシルバーレイクロッジへ。ここをベースに、ボールド山、フラグスタッフ山、エンパイアと奥へと広範囲に足を伸ばしました!
P1304563

まずはボールド山へ上がりホームワードバウンドで。パノラマコースへ!
開かれた景観をバックに全員で1枚。
昨日滑ったパークシティエリア、さらに隣の谷のソリチュード、そして遠くには遠征で行くアルタの山まで一部を見ることができました。
P1304565

P1304568

さらにこのコースを進むと南側に開かれた大パノラマが!ワサッチ山脈と大平原が美しい。写真を撮りながらゆっくり滑ってきました。
P1304570

ボールド山の幅広く快適なコースを滑走。
P1304574

P1304577

その後フラッグスタッフ山へ移動。
気持ちよくロングランをしながら、エンパイア・キャニオンロッジを経由し、最も奥の最高地点エンパイアまで行ってみました。
P1304579

P1304580

リフトで上がった先、標高約2900mの山頂からはこんなパノラマが!
滑ってきたエリアを一望できます。
P1304587

P1304589

尾根上のコースを気持ちよく滑りながら、シルバーレイクロッジまで戻ってきました。
ランチは豊富なサラダバーが嬉しい、レストランにて。
午後もゆっくり組とスピード組に分かれながら滑走しつつ、無事に下山をしてきました。
P1304591

P1304594

P1304598

P1304604

最後は30分ほどお土産ショッピングタイムを取り、皆さんディアバレーグッズを色々購入されていました!
P1304606

P1304605

滑り派が多い、今日の杉村班。
P1070376

丁寧に整地された中・上級コースを快適に飛ばし。
P1070399

午後はコブ斜面も攻めました。
ディアバレー最高地点エンパイヤ山頂上(2900メートル)からのコブ斜面は柔らかく形も良かったので、なんとおかわり希望者多数。
P1070395

P1070382

晴天で気温が上がる中、いい汗かいていただきました!!
P1070394

夜はオールドタウンのBUTCHERSにて、アメリカン料理を。アメリカらしいボリューム満点ステーキを楽しみました!
皆さん、胃袋も元気です。明日へのエネルギーチャージも完了ですね。
P1314607

P1314608

明日、春山班はスキーはお休みしソルトレイクシティ観光へ行ってみます。
杉村班は、パークシティエリアにて滑走を楽しみます!

春山 泉

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【パークシティ】快晴のパークシティ!

皆さんこんにちは!
パークシティツアーがスタートしました。
昨日到着された、7名様が杉村ガイド、私は8名様グループを担当しています。

両ツアーともに昨日は無事に到着され、夕方ゆっくり過ごされました。
飛行機からワサッチ山脈のこんな景色が見えると気持ちが高まります。
IMG_5806

なんとパークシティは、ゲートウェイとなるソルトレイクシティ空港から専用車で約40分、という近さ!フェローが行なっているツアーの中でも空港から最もアクセスの良いスキー場です。
IMG_5809

さて、本日は滑走初日。
広がる青空のもと、ともにパークシティエリアで滑走を楽しみました。
P1294521

春山班は午前中、景色を楽しみながらゆったりスキーを楽しみました。
綺麗にグルーミングの効いた、幅広い快適なコースを大きくクルージング!
「気持ち良い〜〜〜〜!!!!」
との声が聞こえます。
アメリカはイタリアに負けず、圧雪技術が素晴らしいのです。
さらに先週降り続いた雪で、雪質も上々!
P1294529

P1294540

少し休憩後、”キングコング”エキスプレスを上がると視界が開け、パークシティの街と大平原、ワサッチ山脈の連なりが美しい絶景が広がりました。記念に1枚パシャリ。
P1294543

P1294545

ランチ後、午後も幅広い緩やかな「ホームラン」コースを中心に気持ちよく滑走。
P1294546

P1294548

早めに上がる組を見送って、最後はマッコンキーエキスプレスに乗車し、尾根上のパノラマコースも楽しみました。雄大な景色の中を滑りながら。最後は下山コースで無事に帰ってきました。
P1294553

P1294555

P1294558

杉村班は、午前中パークシティを大まかに網羅する感じで滑り、午後からキャニオンズへ移動し滑って終了しました!!
P1070360

P1070362

皆さま疲れもみせず快調に飛ばし、初日としてはかなり滑りまくった感じです。
写真はキャニオンズから下山した時の元気な表情をどうぞ!
P1070363

P1070364

P1070366

夜はオールドタウンへ出掛けて、街散策と夕食を楽しみました。
明日はディアバレーへ行ってみます!

春山 泉

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

パークシティ視察 スノーバード・アルタへ

さて、パークシティを滑った翌日はパークシティから車を走らせること1時間、リトル・コットンウッドキャイオンに位置するスノーバードへ行ってきました。

IMG_1569

まずはロープウェイで一気にサミットへ。山頂からは周辺の山並みとソルトレイクシティの街の遠景が楽しめました。

IMG_1583

結構上級コースが多いですが、サミットからもこんな幅広いコースなので、上級コースであることを感じずに滑ることができます。またベースに向かってのコースも中級のロングランが楽しめるコースレイアウトです。

IMG_1606

スノーバードで1番のおすすめエリアはミネラル・ベイスンエリア。こんな広大なボウル状の地形が広がります。人もさほど多くないので降雪から数日経ったこの日もまだ快適に滑れる部分が残っていました。降雪のあった日を想像すると・・・ここだけで十分1日遊べます。

IMG_1611

ひとのサイズでこの規模が伝わりますでしょうか?

IMG_1621

大きい春山が小さく見えます(笑

IMG_1637

フロントサイドとミネラルベイスンエリアを繋ぐルートの1つにはこんなトンネルもあります。

IMG_1649

そしてミネラル・ベイスンからは隣のアルタエリアへのアクセスも可能です。もちろん共通のスキーパスが必要になりますが、こんな感じでゲートを抜けると、アルタエリアです。

IMG_1654

このエリアの特長はなんといってもスキーヤーズオンリー。ここも自然の地形を生かし、快適なグルーミングバーンからチャレンジングなオフピステまで様々な楽しみ方ができます。

IMG_1656

2つのエリアの1日では滑りきれないくらいの規模を実感してきました。

IMG_1668

最後の1枚はアメリカらしい、肉!って感じのステーキ。こんな食事で目いっぱい滑るエネルギーの充電もばっちりです。

IMG_1566

 

パークシティも今後の候補の1つにしてくださいね。

あ、2月11日出発、今ならぎりぎり間に合いますよ!

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

パークシティ視察報告

先日お客様の出発に先駆けてパークシティの視察に行ってまいりました。その様子をご報告します。日本を発ち、アメリカ国内で乗継ぎソルトレイクシティへ。飛行機が高度を下げるにつれてソルトレイクの湖と周辺の雪山が見えてきます。

IMG_1348

ソルトレイクシティからはダウンタウンをかすめてハイウェイをドライブ。約40分の快適なドライブでパークシティに到着です。ツアーで利用予定のダブルツリーの部屋からは中庭の温水プールとジャグジー、そして奥にはパークシティのスキーエリアが見えています。

IMG_1378

 

翌日早速パークシティにてスキー!前日、前々日に降った雪が冷えて良い雪質の中を滑れました。陰で分かりにくいですがちょっとコース脇に入るとまだまだ良い雪が残っていました。

もちろんコース上は圧雪がかけられているので、グルーミングバーンが好きな方も十分に楽しめます。

 

 

IMG_1444

この間隔が広い場所ではツリーランも気軽に挑戦できます。

IMG_1470

午後は新しいゴンドラに乗ってキャニオンズエリアへ。このゴンドラによってもともと2つのスキー場だったのが1つの北米最大級のスキーリゾートへと生まれ変わりました。パークシティ側は鉱山の跡が点在する歴史を感じさせる風景がありますが、キャニオンズ側はセレブたちの別荘が建つエリアです。豪華な別荘地帯を縫うように延びるハーモニーコースは中級斜面のロング滑走を楽しめます。

IMG_1502

オフピステ好きにはたまらない、どこでも滑れる斜面が広がります。

IMG_1481

9990のリフトを降りて少しハイクアップすると、、、

PC192129

ソルトレイクシティの街まで遠望する景色が待っています。スキー場外への出口にはインパクト大な標識が出ています(笑

PC192130

パークシティのメインストリートエリアには雰囲気の良い建物にレストランやショップ、バーなどが建ち並びます。お薦めはスキーインが可能なハイウェスト蒸留所。居心地の良いバーで数種類の自家製ウィスキーが楽しめます。またローカルビールが楽しめるバーや、アメリカならではのステーキのお店、イタリアンなど様々なレストランが並びます。もちろん土産物屋もあるので、散策も楽しめます。

IMG_1549

↓この辺りの山脈、ワサッチの名を付けた地ビール。

IMG_1560

 

 

次回は別のスキーエリアをご紹介します。

 

神﨑 裕一

 

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

ベイルツアー 滑走6日目

ベイル6日目:ベイル バックボウル&ブルースカイベイスン
4月6日(水)
天気:晴れ
気温:最高+8度、最低-3度

最終日は朝から真っ青な青空が戻って来てくれました。
昨日の積雪が5センチほどあったので、
整地の雪もやわらかく1本目から軽快に飛ばしました。

午後は気温が上がって雪がゆるんでしまうので、午前中が勝負です。
バックボウルにブルースカイベイスンのツリーラン、
そしてノートラックのオフピステと次々に攻めました。
コースによって雪質に変化があるものの、
皆さましっかりと対応されて滑りきりましたよ。

午後は、お買い物班は下山してフリータイム。
とことん滑る班はロングコースをノンストップ滑走で楽しんでいただきました。

今回は天候にも恵まれ、本当によく滑った6日間でした。
皆さま初対面とは思えないチームワークの良さのおかげで
スムーズにツアーを進めることができ、大変感謝しております。
ベイルやコロラドにはまだまだ滑り尽くせない広大なゲレンデが待っています。
またいつか皆さまと一緒に楽しく滑る日を楽しみにしております。
今回はツアーにご参加いただきありがとうございました。

P1070161

P1070179

P1070184

P1070190

P1070192

P1070197

P1070202

P1070208

P1070213

P1070218

杉村

カテゴリー: ベイル, ベイル | コメントをどうぞ

ベイルツアー 滑走5日目

ベイル5日目:ビーバークリーク遠足
4月5日(火)
天気:雪時々晴れ
気温:最高+6度 最低-5度

今日はバスで20分ほどのところにある
ビーバークリークスキー場へ行ってきました。
スクールバスを改造したかわいらしいバスで移動です。

ビレッジ内にはゲレンデへ向かうエスカレーターがいくつも設置されており、
その周辺にスポーツ店やブティック、レストランやカフェなどが調和よく並んでいます。
北米屈指の高級リゾートの雰囲気を感じながらいよいよゲレンデへ。

到着するころには雪が降り始め、しだいに大雪に。
視界の悪い中、一本目を滑っていたら雪が止んで徐々に青空が広がってきました。
おかげで1インチくらいのうっすらパウダーを楽しむことができました。

どのコースに行っても人が少ないのでゲレンデ貸しきり状態。
これもビーバークリークの魅力の一つですね。
上級コースもそれぞれマイペースで滑ることができます。

午後には再び大雪に。
そして雷のため一時すべてのリフトが停止するというハプニングも。
30分ほどで再開し、その後は10センチくらいのパウダースノーを楽しむことができました。

予想以上の春の大雪に恵まれ、明日の最終日も楽しみです。

P1070102

P1070104

P1070109

P1070110

P1070117

P1070121

P1070134

P1070138

P1070139

P1070153

杉村

カテゴリー: ビーバークリーク, ベイル | コメントをどうぞ

ベイルツアー 滑走4日目

ベイル4日目:ベイル フロントサイド&バックボウル
4月4日(月)
天気:晴れ
気温:最高+10度、最低0度

連日の晴天、気温の上昇ですっかり春のコンディションになってきました。
標高が高く陽射しの強いコロラドロッキーでは日焼け対策が必須ですが、
日焼け対策にマスクを付けて登場のお客様。
よく見ると呼吸用に穴をあけ、ヒゲをはやしたオリジナルデザイン。
センスあふれる世界に一つだけのフェイスマスクです。

午前中は雪面が固いコースが多かったのですが、
果敢に上級コースRIVA RIDGEを攻めました。

午後には気温がぐんぐん上がり、山の中腹でも+10度。
バックボウルもやや重い雪質になりましたが
人のほとんどいない広大で開放的なコースを自由気ままに滑ることができました。
インナーを一枚減らし、ベンチレーション全開で滑っても
しっかりいい汗かきましたよ。

最後に超薄着で陽気なアメリカ人カップルを発見です!

P1060950

P1070036

P1070043

P1070055

P1070060

P1070061

P1070066

P1070077

P1070082

杉村

カテゴリー: ベイル, ベイル | コメントをどうぞ